引き出物を贈る参考に!

引き出物を贈る方法として、2種類の方法があります。それらを比べて、自分に合う引き出物の贈り方を実践してみてください。

2種類の引き出物の贈り方を比較

結婚式直後に渡す方法

渡す人それぞれに合った引き出物を事前に選ぶため、手間暇がかかる方法になります。しかし、その分感謝の気持ちを伝えやすく、喜びの声を直に聞くことが出来るでしょう。贈る品は、手持ち出来る&かさばらない様な品を選ぶと良いでしょう。

郵送して渡す方法

宅配便などでカタログギフトを贈って、引き出物を受け取る方本人に、プレゼントの品を選んで貰う方法です。なので、プレゼントに当たりの品やハズレの品が出にくいです。また、引き出物を選ぶ時間の短縮にも繋がります。

感謝の気持ちを伝える引き出物

女性

結婚式に参加した方は、引き出物を渡されることもあるでしょう。また、後日、宅配便で贈られてきたという方もいるでしょう。引き出物は、結婚する際にお祝いを頂いたお返しとして、新郎・新婦から贈られる品です。ありがとうの気持ちをプレゼントにして、贈るようになっています。特に、縁起が良いと言われる品が人気になっていて、長寿を祈るうどん等も縁起物の一つとして贈られているようです。引き出物を選ぶのには、慣習を元にしている方もいますが、慣習に関係なく自由に贈る方も少なくありません。そのため、昨今の引き出物は、色んな種類が出ているようです。

引き出物選びは気をつけよう

引き出物を贈る際に、気をつけないといけないことがあります。それは、人によって贈る引き出物を吟味する必要があることです。例えば、年齢や立場に違いがある方に、同じ引き出物を贈るのは失礼に当たることもあります。なので、若い人に贈る品・中年の方に贈る品・高齢の方に贈る品と分けて、引き出物を準備しておきましょう。そして、職場の方から、結婚のお祝いを頂いた際には、立場が上の方に少し良い品を贈るように心がけてください。

効率よく引き出物選びをしよう

引き出物選びは、リストを作って、何を贈るか・費用はどれくらいに設定するか等を決めましょう。リストは、主に親族や家族・上司の方・職場の同僚と大まかに3つに分けると、引き出物選びをやりやすくなりますよ。また、年齢や立場によって、贈る品に違いをつけるのも良いでしょう。リストを元に引き出物を選べたら、どの様に渡すかを考えましょう。近所にいる方だと、家に訪れたりして渡せるので良いですね。しかし、遠方にいる方に贈る場合は、宅配便などを利用してカタログギフト等を贈るようにしてください。引き出物を購入するサイトによっては、宅配便がサービスによって、送料無料の所もあるので、チェックしてみるようにしましょう。

広告募集中