HOME>オススメ情報>香典返しの時期と品選びに役立つ情報満載!香典返しの準備法にも注目

役立つ香典返し情報

香典返しの際に、どの様な流れで行うと良いのでしょう。その流れを教えるので、後日役立てるようしてください。

香典返しの準備の流れ

香典を頂いた方を確認する

お通夜や告別式にきてもらった方から、香典を頂くでしょう。その際に、その方の名前や住所を確認しておくようにしてください。そして、葬儀が終わった後に、その方の名前や香典の金額をチェックしてまとめておきます。

香典返しの品を準備する

仏式の場合、忌明けの時期は49日を過ぎてからになるでしょう。その間に、香典返しの品を準備しておきます。そして、香典を頂いた枚数分、香典返し品の準備が出来たら、忌明けの時期を待ちます。

香典返しを贈る

忌明けの時期を過ぎると、香典返しを贈っても大丈夫です。なので、事前に準備しておいた香典返しの品をそれぞれの家に届けるようにしていきます。近所に家があれば直接出向いて渡して、遠くに家があれば、郵送にて贈り届けるようにしましょう。

香典返しは忌明け後に贈ろう

香典返し

香典を頂いたお返しに、香典返しを行いますが、いつにやると良いのでしょうか。香典返しは、故人の供養を祈って喪に服す期間が過ぎてから、忌明けの時期になったら行なってもいいようです。一般的に、仏式の香典返しは、お通夜から49日経つと忌明けとなります。なので、49日までの間に、香典返しをする方を整理して、チェックしておくようにしてください。香典返しは通常の場合、家に出向いて、手渡しで贈る品になります。けれど、遠くの地方に住んでいる方には、なかなか家までは行けないでしょう。その際は、郵送にて香典返しを贈るようにしましょう。ただ、郵送の場合、ご挨拶状を添えることを忘れないようにしてください。

香典返しの品は消耗品が良い!

香典返し

香典返しでは、主に消耗品などを贈ると良いとされています。使用すると無くなるような品が、香典返しの品としては良いようです。例えば、タオルやお茶・のり等です。タオルは、何回も使用したら傷んでしまいます。それに、お茶やのりは食べ物になるので、食べたら食べた分無くなって行くでしょう。そのため、消耗品として香典返しで贈られていることが多いようです。その他には、カタログギフト等を贈る方もいます。カタログギフトは、贈った相手が自由に品物を選ぶことが可能なため、喜ばれる確率も高くなる香典返しになるでしょう。

広告募集中